スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきびの出来る原因 >>にきびが出来る原因は「ホルモン」や「免疫」の関係にあります。

にきびが出来る原因は「ホルモン」や「免疫」の関係にあります。

にきびが出来る原因は「ホルモン」や「免疫」の関係にあります。

にきびの出来る原因は、皮脂分泌や毛穴の角質肥厚に影響を与える
「ホルモン」や、アクネ菌の活動に影響を与える「免疫」といった、
体内バランスの乱れにあります。


ちなみに、アクネ菌とは?
アクネ菌とは、俗にニキビ菌とも言われていますが、
肌表面のバランスを正常に保つことに貢献している細菌で、常在菌一種です。


思春期以降の男女の皮膚には、ほぼ100%住み着いています。
嫌気性菌といって、空気のあるところでは生きられない菌なので、
毛穴の奥など、空気のないところにひそんでいます。










にきびが出来る原因として、よくストレスや食生活の乱れといいますが、
それも原因の一つではありますが、


睡眠不足や運動不足など、生活の中のあらゆることが、
体内バランスを乱します。
そして、ついに肌の上のバランスまでも崩すとにきびができるのです。
それが結局、原因というわけです。


にきびは英語では、acne(アクネ)といい、誰でも経験する
とてもポピュラーな肌トラブルです。


しかし、にきびについてよく理解していない人が、意外に多いのです。
あなたもその一人かもしれませんよ。


にきびで悩んでいる人、特に「大人のにきび」で悩んでいる人のほとんどが
「今までなかったのに、急ににきびが出来たのですが、どうしてでしょう」
と原因を聞きたがるそうですが、


にきびの場合は、原因があまりに複雑なので、なかなか
特定した原因を説明できないのが現状のようですよ。



theme : コスメ・スキンケア
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。