スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきびと化粧品(化粧水) >>ニキビに化粧品のつけすぎはよくありません。

ニキビに化粧品のつけすぎはよくありません。

ニキビに化粧品のつけすぎはよくありません。

にきびと化粧品の関係ですが、化粧品の油分はすべて、皮脂と同様に
アクネ菌の栄養源になりますので、つけすぎはいけません。


それは、上質の天然の油でも、オリーブオイルでも
同じ事です。


にきび肌でも、当然保湿は大切です。
「ニキビができるから、なにもつけたくない」というのは
ちょっと偏った考え方です。


水分(保湿成分)はたくさん与えるべきなのです。





肌が水分不足になると、毛穴出口の角質が厚くなり、
余計に毛穴が詰まってしまいます。


したがって、にきび予防のためには、ヒアルロン酸やセラミドの
入った保湿化粧品(化粧水)でたっぷりと水分補給をしましょう。


肌がやわらかくなり、毛穴がつまりにくくなります。


また、ビタミンC誘導体の化粧水は、皮脂を抑えてにきびを
予防してくれます。


また、にきび跡の赤みを薄くする作用もありますので
試してみてはいかがでしょうか?









theme : アロマ・リラクゼーション
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。