スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきび跡(痕)の種類 >>再生治療でニキビ跡を治す事はできるの?

再生治療でニキビ跡を治す事はできるの?

再生治療でニキビ跡を治す事はできるの?

再生医療とは、美容整形手術のように、しわをとるために肌を切ったり、縫ったりする方法ではありません。
劇的な効果は手術ほどは期待できません。しかし、何をどのような手段で、自分の目的を達成するかを考えた時に、
できるだけ安全に自然に肌の老化を治療したいと考える人にとっては、再生治療はお勧めの方法と言えます。


実は再生医療でニキビ跡は、治すことができるのです。
再生医療というのは、肌の再生を促す為に、自分の血液中の血小板の働きを利用して行う治療方法です。


何故、血小板が利用されるのかというと、元々傷口をふさぐ働きがある血小板なら、
肌を元の状態に戻してくれるからなのです。細胞を一度採取したものは、
半永久的な保存が可能なので、若いうちに保存もできます。


自分の血液を使用するのですから、人工的な成分とは異なり、自然な若返りも期待できるというわけです。
どのような方法を行うにしても、メリットやデメリットというのは、気になるところでしょう。
ここでは、再生医療でニキビ跡を治すメリットについて紹介しましょう。




再生医療でのニキビ跡の治療のメリットは、やはり安全性でしょう。美容治療として、
コラーゲン注入やレーザー治療などがありますが、これらは異物を注入するため、多少のリスクは覚悟しなくてはいけません。
しかし、再生医療の場合は、自分の血小板を利用する方法なので、このようなリスクが全くない美容医療ですから、
安心して行う事ができます。また、採血直後に多血小板血漿をその場で抽出できるので、すぐに施術が行えます。


ニキビ跡に効果のある皮膚の再生医療として、「血小板治療」や「ニューダーマローラー」という方法がありますが、
まずはケミカルピーリングで角質ケアを行う必要があります。


ケミカルピーリング後に、ニキビ跡の凹凸が気になる部分に再生医療を行うと有効的でしょう。
ニキビ跡を治すには、色々な方法がありますが、リスクを心配せずに行う再生医療というのは、
是非おすすめしたい治療法です。







theme : ニキビ
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。