スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきびに効く薬 >>白にきびに漢方薬は効果的ですが、副作用もあります。

白にきびに漢方薬は効果的ですが、副作用もあります。

白にきびに漢方薬は効果的ですが、副作用もあります。

白にきびにかかわらず、漢方薬はにきびの薬としてよく使われます。
病院で処方してもらえば保険が効きますので、それほど高額なものではありません。


しかし、若干の副作用はありますが、植物をそのまま使っていますし、
数千年の伝統がある医学ですので、抗生物質に比べればずっと体に
やさしいものといえます。


白にきびに合った漢方の分類も色々ありますが、赤・青・白の各にきび色に効能のある漢方のにきび対策ですが、
赤にきび(炎症を起こして赤くなっているにきびで、痒みや膿をともなう場合もある)には
”清上防風湯”(せいじょうぼうふうとう)という漢方でも、代表的なものを使い、
余分な熱を取りながら膿を出し皮膚のかゆみや痛みを改善して行く事ができます。




青にきび(赤にきびの一種で紫がかっている)に効果があるとされるのは、
桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)で、血液循環を良くする事ができます。
そして白にきびですが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や、滋養強壮効果のある、
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)などが効果があるとされています。


漢方のメリットしては、白にきびを治しながら、同時に体の不調も治すことができます。
(多くの場合はそうです)また、血行障害や便秘・代謝不良などが原因で発症した白にきびであれば、
漢方が十分に効果を発揮してくれると考えられます。






theme : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。