スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきび跡(痕)の種類 >>赤みが残るタイプのニキビ痕とは?

赤みが残るタイプのニキビ痕とは?

赤みが残るタイプのニキビ痕とは?

にきびには、ニキビ跡(痕)の種類として3タイプに分けられています。


赤みが残るタイプは、ニキビが進行して炎症がおこり、赤みが生じた場合は
これがなかなか消えなくなることがあります。


膨らんでいたニキビが平らになって、ニキビはほぼ治っているのに
赤みだけがいつまでも残り、治ったように見えないので
とても気になってしまいます。


しかし、一生消えないわけではなくて、通常は2~3年
長い場合は5年くらいかけて消えていきますので
がっかりしないようにしましょう。




そのために、消えてしまうニキビは厳密にいうと
にきび跡(痕)には含まれないのです。


なぜかと言いますと、自然には消えないものを
「痕」というからです。


ただし、赤みがあるうちは、日焼けをしないように心がけましょう。


そして、少しでも早く赤みががったニキビ痕を消したいのならば
ビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCのイオン導入が有効です。










theme : ダイエット・美容法・健康法
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。