スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >白にきび原因(治し方) >>白にきびの薬の有効成分はトレチノイン?

白にきびの薬の有効成分はトレチノイン?

白にきびの薬の有効成分はトレチノイン?

白にきびの薬といっても、いろいろな種類がありますし、
状態によっても使う薬は違いますので、一概にこれがいいとは言えませんが
基本的な薬について調べてみましょう。


にきび薬にも、にきびに直接作用する塗り薬タイプと飲み薬もあります。
白にきびの薬として有効な成分は、トレチノイン、レチノイド、アゼライン酸、過酸化ベンゾイル等々約30種類ぐらいあります。


これは一般的に、スキンケア製品や市販薬、皮膚科で処方される薬には含まれているものです。
自分の症状や肌の状況とよく照らし合わせて医師に相談の上で使用するが大事です。


白にきびなど、初期段階では良いと思いますが、それ以上に進行した場合は
やはり皮膚科などの病院をお薦めします。
にきび跡になってしまう場合がありますので注意しましょう。




病院で処方されるニキビ薬については、皮膚に塗布したり、飲み薬である、
抗生物質・抗菌剤・副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)・非ステロイド剤などです。
これらは基本的には皮膚の炎症を防ぐのが基本ステップです。


また薬局などで市販されている、にきび薬として、アンナザルベエース、プロアクティブ等がありますが、
症状が治癒してしまえば問題ありませんが、万が一、症状が悪化した場合などはすぐに病院へ行きましょう。
そのためにも使用方法などをきちんと確認して、正しく服用しましょう。
薬の効き目は一人一人違いますので、薬局の方などに十分な問診をしてもらってから薬を選びましょう。








theme : ヘアケア&スキンケア&コスメ情報
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。