スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきび跡(痕)の種類 >>シミが残るタイプのニキビ痕(跡)とは?

シミが残るタイプのニキビ痕(跡)とは?

シミが残るタイプのニキビ痕(跡)とは?

ニキビが進行して、炎症が起きてしまった後の赤みが、茶色くシミになる
場合があります。


これは、炎症性色素沈着によるものです。
ちなみに炎症性色素沈着とはなんでしょうか?


例えると、足にできた虫刺されがしばらくシミのようになって
消えないことがあります。また、ムダ毛を毛抜きで抜いていくと
毛のまわりが黒くなることがあります。これもすべて炎症性色素沈着なのです。






シミになったにきびは、何年もかけて消えてしまう場合も
ありますが、そのまま残ってしまう場合もあります。


シミが残るタイプになっているニキビ痕(跡)になっているときに
日焼けをすると、シミが消えにくくなりますので紫外線対策を
注意しましょう。


美白化粧品を使ったお手入れも有効ですが
専門医によるピーリングを施すと、
非常によく改善します。






theme : コスメ・スキンケア
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。