スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきび跡凸凹 >>爪でニキビを潰すとニキビ跡に?

爪でニキビを潰すとニキビ跡に?

爪でニキビを潰すとニキビ跡に?

おしゃれとして爪を伸ばすという人も多いようですが、その長い爪でニキビを潰して
しまったことはないですか?


ニキビを潰すというより、引っ掻いてしまうといった方がいいかもしれませんが
そういうニキビの潰し方をすると、ニキビ跡になってしまう可能性が
非常に高くなります。


それは何故かといいますと、爪を伸ばせば伸ばすほど、
爪の間の汚れは取りづらくなります。


雑菌がいっぱいついた爪でニキビを潰してしまうとニキビが悪化してしまう可能性が
高まってしまうのです。
ニキビが気になるようであれば、爪は短くした方が、ニキビ跡を作らなくて済みます。


しかしながら無意識のうちにニキビを潰してしまうことがあります。
爪や指は色々な所を触るため、雑菌がつきやすい部分になります。




ニキビに触れてしまうと雑菌がつき、炎症を起こしてしまいます。
例え無意識のうちに潰してしまっても、ニキビにかなりの雑菌がついてしまいます。
手は清潔に保たなければなりません。手を洗う際には、爪の間もきちんと洗って汚れを落としましょう。


また長い爪の欠点として、ニキビだけでなく肌も傷つけてしまう所にあります。
肌が傷ついても雑菌は繁殖してしまいます。ニキビのできやすい環境を作ってしまうのです。


髪をかき上げる際に肌を引っかいてしまうなど、何気ない行動の中で肌を傷つけてしまいます。
特に長い爪にはあまりメリットがありません。ニキビケアとして爪は短く、
手は清潔に保つことが必要ですね。







theme : 女性のビューティーケア
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。