スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきび跡凸凹 >>ニキビクレーター治療は、凸凹で違う?

ニキビクレーター治療は、凸凹で違う?

ニキビクレーター治療は、凸凹で違う?

ニキビクレーター治療の考え方には2通りあるようで、
ニキビを潰すことにより肌が凸凹になってしまった場合、
凸の時のニキビクレーター治療方法、凹の時のニキビクレーター
治療方法があります。


肌の凸状態のクレーター治療の場合は、にきびが出来ると肌の角質が堅くなります。
そのためその堅くなった角質が又毛穴を塞いでしまい皮脂や汚れが正常に


毛穴の外に出されないのでにきびが出来やすく盛り上がった状態になってしまいます
これが凸状態のクレーターです


この凸状態のクレーターを治療するのは角質の除去が最優先ですので
ピーリングが一番効果的ですね




肌の凹状態のクレーター治療の場合は、ニキビを無理やり潰すと
その周りの皮膚細胞が傷つけられることによって再生不能となり


肌が凹ん出しまうのがこの凹状態のクレーターです。
一般的にはこの肌の状態を治療したいと言う人が多いですね。


凹状態のクレーター治療には、FGF治療、クールタッチ
フォトシルクプラス、などの肌の内部でコラーゲンを生成させ、自分の
肌の力を使って治療するクレーター治療が一般的です。









theme : キレイになれるお得情報
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。