スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきびの勘違い >>大人ニキビが出来る原因の勘違いとは

大人ニキビが出来る原因の勘違いとは

大人ニキビが出来る原因の勘違いとは

にきびはある日突然、ポツンと出来てしまう事があります。
特に「大人のにきび」などで、ガッカリしてしまう人は多いでしょう。


しかし、にきびが出来る原因を勘違いしている場合が
あります。


にきびは「皮脂が多いからできるのでは?」と思っている方は
いませんか。


確かに、10代の人のにきびは、余分な皮脂が大きく影響している
事が考えられますが、20代をすぎてから出来る「大人のにきび」は、


オイリー肌(脂性肌)の人に必ず出来るというものではなく、
(脂ぎってる人の事です。)
また、ほほのような乾燥する部分だけに出来る人もいます。


アクネ菌(俗にニキビ菌と言われています。)がにきびの原因菌だから
殺菌した方が良い、という考え方もあるようです。









確かにアクネ菌が毛穴の中で繁殖することが、ニキビを悪化させる一因です。


しかし、アクネ菌は皮膚の常在菌で、肌表面のバランスを正常に保つことに
貢献している菌であり、悪玉菌ではありません。
そのために、殺菌してしまうわけにはいかないのです。


「皮脂」と「アクネ菌」という、どちらも肌にとって必要なものが
にきびをつくってしまうのはなぜなんでしょうか?


にきびができる時の第一歩は「毛穴の出口の角質が厚くなる(角質肥厚を起こす)
ことにはじまります。


角質が厚くなりすぎて、毛穴をふさぐようになり、皮脂が詰まってくるのです。
そして、毛穴に詰まった皮脂を栄養源として、アクネ菌が過剰に繁殖。
炎症を起こして、にきびは悪化していくのです。


この角質肥厚には、男性ホルモンや、皮脂がアクネ菌によって分解せれて
できた遊離脂肪酸など、いろいろなものが関係します。


ちなみに遊離脂肪酸とは?
エネルギー消費の際に脂肪細胞から分解され、肝臓に運ばれる物質です。









theme : コスメ・スキンケア・ヘアケアのよくある質問(FAQ)
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。