スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきびに効く薬 >>アメリカ製のにきび薬と日本のニキビ薬は何が違うのでしょうか?

アメリカ製のにきび薬と日本のニキビ薬は何が違うのでしょうか?

アメリカ製のにきび薬と日本のニキビ薬は何が違うのでしょうか?

アメリカ製のにきび薬と言えば、眞鍋かおりさの「プロアクティブ」を
イメージしてしまうと思いますが、


私も知りませんでしたが、「プロアクティブ」には、アメリカ製のにきび薬だけでなく
日本製の「プロアクティブ」もあるそうです。


日米のプロアクティブの一番のポイントは、有効成分のちがいにあります。
その有効成分でもアメリカ製プロアクティブの売りになっている成分が「過酸化ベンゾイル」なんですが、
この「過酸化ベンゾイル」が日本製のプロアクティブには配合されていません。


実はアメリカ製のニキビ薬でよく使われる成分である、
過酸化ベンゾイルという成分は日本では市販薬で使うことを
認可されていないのです。


これは、肌の弱い人が過酸化ベンゾイルを使うと、
日光に当たることで痒みを感じたりする場合があるために
適切な処方が必要ということで、皮膚科でしか処方できない
ことに現在はなっています。


日本で市販されているニキビ薬で使われている成分はと
いいますと、サリチル酸とイオウが主成分として使われて
います。




このサリチル酸の効能は、角質を取る働きと炎症を抑える
働きがあり、角質を取り除くことで肌を清潔にして治そう
という治療薬になります。


これはこれで悪いことではなく、本来はニキビ対策は
洗顔からと言われるように、まずは清潔にすることが
大事ですので、軽度・中度のニキビには日本製のプロアクティブ
等のニキビ薬でも十分な効果が期待できます。


アメリカのプロアクティブで使われている過酸化ベンゾイルは
アクネ菌に直接働きかけて殺菌する成分ですので、
即効性や重度のニキビにはアメリカ製のほうが強力に効くのです。


日本製のプロアクティブで思うような効果が得られない方は
アメリカ製を試してみては如何でしょうか。















theme : アロマ・リラクゼーション
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。