スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >にきびに効く薬 >>抗生物質によるにきび治療の注意点は?

抗生物質によるにきび治療の注意点は?

抗生物質によるにきび治療の注意点は?

抗生物質のにきび治療というと、アクネ菌を殺菌する目的で皮膚科から
処方されるケースが多いですが、


アクネ菌自体は、皮膚の常在菌ですので、いくら殺菌しても
きりがありません。


皮膚自体の本来の抵抗力を取り戻さないかぎり
終りがないのです。


抗生物質のにきび治療に対する効果と作用は、
以下のようになります。


過剰に分泌する皮脂を抑制
にきびの炎症の原因・根本の物質を抑制
雑菌繁殖による化膿にきびを防ぐ。
抗生物質によるにきび治療は短期間の服用の場合に効果があります。
長期間にわたって抗生物質の服用を継続した場合、耐性菌が発生してしまいます
などがあります。




抗生物質をニキビ治療に使用する注意点は、長期的に抗生物質を服用すると
体がだんだん抗生物質に慣れてしまって効かなくなってしまいます。


そのため、ニキビを抗生物質で治そうとする場合には短期的な治療(=短期の服用)にしましょう。
抗生物質をメインにしてニキビ治療をするのではなく、補助的にしようするという感じで服用しましょう。


やはり洗顔などのニキビケアをメインにしながらその補助として抗生物質を
短期的に使用するというスタンスがいいでしょう。


また抗生物質には様々な種類がありますが、ニキビに効かないからといって様々な抗生物質を
とっかえひっかえ飲むのも逆に治りにくい原因になるのでやめましょう。














theme : 女力をアップ!
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。