スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >ニキビの種類 >>新生児(乳児)にも「にきび」って出来るのでしょうか?

新生児(乳児)にも「にきび」って出来るのでしょうか?

新生児(乳児)にも「にきび」って出来るのでしょうか?

にきびというと乳児には関係ないように思いますが、
(医学用語…新生児坐瘡(ざそう))と呼ばれるにきびのような赤いできものが
出来ることがあるそうです。


生後間もない新生児の顔(額・頬など)には、プツプツとした赤いできものが発疹することがよくありますが、
このような赤ちゃんにみられる湿疹を総称して「乳児湿疹」と呼ぶことがります。


その乳児湿疹のひとつに「新生児(乳児)にきび」と言われるものがありますが、
生まれて間もない赤ちゃんの顔に湿疹が見られることから、アトピー性皮膚炎ではないのか…?
と心配されている親御さんも少なくありませんが、
〝新生児(乳児)にきび〟と〝アトピー性皮膚炎〟は別物であると考えられています。





生まれたばかりの赤ちゃんは、母親から受け継いだホルモンの影響から、
一時的に皮脂の分泌が活発になります。


そのため、生後~2、3ヶ月程の間に、赤い(あるいは白)ポツポツとした湿疹上のモノが額や頬に出来やすくなります。
特に新生児は頭皮の皮脂量が通常の大人よりも多いと言われ、額や頬のほか、
頭にフケのようなかさぶた状のものが出来やすくなる赤ちゃんも多いようです。








theme : 美顔~シミ・黒ずみ・たるみ
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。