スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >背中にきび >>背中にきびとホルモン治療の関係は?

背中にきびとホルモン治療の関係は?

背中にきびとホルモン治療の関係は?

背中にきびとは、背中にきびの原因は顔などに出るものとまったく同じですが、
顔と比べるとアクネ菌が比較的少ないため、早め早めに処置していけばそれほど悪化しないのが
特徴であるということができます。


ホルモン治療との関係はというと、ホルモン治療は保険適用外のニキビ治療法です。
男性ホルモンの一種であるアンドロゲンは、皮脂腺の発達や皮脂合成に関与しており、
アンドロゲン分泌が活発になると皮脂の分泌量が増加する傾向があります。


ホルモン治療とは、ホルモン剤と呼ばれる治療薬を投与することによって、アンドロゲンの分泌量や、
皮脂腺におけるアンドロゲン取り込み量を人為的にコントロールすることによって、皮脂過剰の改善を目指すにきび治療法です。


一般的なホルモン剤として、経口避妊薬(ピル)や総合代謝ホルモン剤、抗アンドロゲン剤などが挙げられます。




経口避妊薬とは、女性ホルモンの一種であるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲスチン(黄体ホルモン)を合わせたものです。
経口避妊薬を投与すると、黄体化ホルモンを介して卵巣におけるアンドロゲン分泌量が抑制されるため、皮脂過剰が抑制されます。
皮脂過剰が抑制されることにより背中にきびも予防されます。


ここで、黄体とは排卵後の卵胞が変化して形成されるホルモン分泌組織を意味します。
また、黄体化ホルモンとは排卵を誘発し黄体を形成するためのホルモンを意味します。


総合代謝ホルモン剤は、血中のアンドロゲンを減少させて皮脂腺でのアンドロゲン取り込み量を減じます。
また、酢酸シプロテロンに代表される抗アンドロゲン剤は、アンドロゲンそのものの作用を抑制する効果があります。
ちょっと難しかったかもしれませんが、以上が背中にきびとホルモン治療の関係でした。







theme : 心身ともに美しく健康に
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。