スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にきび(ニキビ)のスキンケアは、アロマと化粧品が効くサイトトップ >ニキビの種類 >>結節性ニキビになると、肩こり、生理痛、頭痛?

結節性ニキビになると、肩こり、生理痛、頭痛?

結節性ニキビになると、肩こり、生理痛、頭痛?

結節性ニキビとは、別名、漢方での表現方法として、紫ニキビとも言われ、
にきびがしこりとなっている状態ですが、痛みはないのが特徴です。


赤黒い色や紫または紫褐色をしており、大きめで盛りあがっているにきびになります。
紫ニキビにさわってみると、ごりごりとした感じがあり、つぶしたときには膿と黒っぽくなった血が大量に出てきます。


結節性ニキビの原因は、便秘、食生活の乱れ、ストレス、紫外線、睡眠不足、生理不順、血行の悪さなどがあげられます。
原因はひとつではなく、さまざまな要因が複雑にからみあっていることが多いとされています。
ですから、いまだにはっきりと原因がつかめていないのです。




結節性ニキビは、血行が悪さが原因のひとつとなっています。そのため、肩こり、生理痛、頭痛、
といった症状を伴うこともあり、月経血のなかにレバーに似たかたまりが混ざっているケースも見受けられます。
子宮内膜症や子宮筋腫をはじめとする婦人科系の病気にかかっているひとは、結節性ニキビが起こりやすいようです。


また、老廃物がたまりやすく、体脂肪が多めで、たんがからみやすい体質のひとに、
結節性ニキビがあらわれやすいことも特徴です。

 
紫ニキビは漢方での表現なので、治療には漢方薬が使用されます。
使用されるのは、冠元顆粒、星火温胆湯、加味逍遙散などです。







theme : コスメ・スキンケア
genre : ヘルス・ダイエット

ランキング参加中


banner_23.gif

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。